2018年4月9日月曜日

ナポリタン

こんばんは、燃えPaPaです。

パスタのスタンダード中のスタンダード、
日本ですと、家庭でもお店でもよく見かける、ナポリタンです。


ナポリタンは、スパゲッティをタマネギ、ピーマン等と共にトマトケチャップで炒めた洋食。

第二次世界大戦後、アメリカ合衆国から入ってきたヌードルが日本で土着化した日本料理である。類似の名を持つスパゲッティ・アッラ・ナポレターナとは関係が無く、むしろイタリア料理で言うと、スパゲッティ・アマトリチャーナに近い。

バブル景気以前の昭和日本では、喫茶店、軽食堂などで広く提供されていたほか、家庭的な惣菜として喫食される庶民の味であった。


特殊なパスタソースも使わないため、家庭でも作れて、ケチャップの味も家庭的で、
様々なメニューが開発された現代でも人気が高いです。

燃えPaPa

0 件のコメント:

コメントを投稿